分类
期权入门课

各入金方法を比較する際のポイント

■クイック入金
以下の対応銀行に口座をお持ちであれば、インターネット経由で簡単・スピーディに入金できます。
【対応銀行】三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、PayPay銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行
※ご利用には事前に各提携金融機関でのインターネットバンキングのご契約が必要です。
■銀行振り込み入金
すべての銀行(店頭・ATM・インターネットバンキング)から銀行振り込みで入金できます。
■LINE証券/LINE CFDからの振替入金
LINE証券/LINE CFD口座の残高から振替入金できます。
■LINE Pay入金
LINE 各入金方法を比較する際のポイント Payの残高から入金できます。

403 ERROR

The Amazon CloudFront distribution is configured to block access from your country. We can't connect to the server for this app or website at this time. There 各入金方法を比較する際のポイント might be too much traffic or a configuration error. Try again later, or contact the 各入金方法を比較する際のポイント app or website owner.
If you provide content to customers through CloudFront, you can find steps to troubleshoot and help prevent this error by reviewing the CloudFront documentation.

【2022年版】スマホ決済大手7社比較!今から導入する決済方法は?

上記のグラフを見ると、やはりPayPayの利用率が最も高くなっております。またPayPayを展開するヤフー株式会社を子会社として持つZホールディングス株式会社と、LINE Payを展開するLINE株式会社が経営統合に合意したことから、今後はPayPayとLINE Payの連携や統合が進む可能性が非常に高く、そう考えると、どのQRコード決済か?迷っている事業者は、圧倒的に利用率が高いPayPayを導入すれば間違いはないでしょう。

ただし、ターゲットユーザーが主婦であったり、アパレル事業分野である場合は、メルカリが運営するメルペイも検討すべきでしょう。なぜなら、メルペイはメルカリの売買で得た利益で決済することが可能で、洋服や靴などメルカリによく出品されている商品と相性が非常に良いからです。

注意点②QRコード決済は、電子マネー決済に比べて面倒

筆者も過去にビックカメラでQRコード決済を行いましたが、自身のスマホでQRコードをかざして、ビックカメラのバーコードリーダーで読み取り、さらに金額をスマホに入力し、店員と一緒に金額を確認するという方式(ユーザースキャン)です。これは非常に面倒です。

QRコード決済にはもう一つの、お店がユーザーのスマホに表示されたQRコード(バーコード)を読み取る方式もありますが、この方式はPOSレジの カスタマイズが必要なため、数百万円の費用が事業者に求められる ので現実的とは言えません。

また、LINE Payの「コード支払い」は指紋認証付きか、あるいはFace IDのスマートフォンではない場合、いちいち 6桁のパスワードを入力しないと決済できないので決済が面倒 です。筆者は古いiPhoneですが、たまにしかLINE Payを使わないのでパスワードを失念してしまい、最近ではLINE Payを使っておりません。古いiPhone所有者には、このようなユーザーは多いのではないでしょうか?

注意点③無料ではありません!決済手数料が発生します

PayPayやLINE Payが行っているQRコード決済各社の決済手数料が0円というのは昔の話です。

実際には決済を行うために多大な「インフラコスト」がかかっており、その分をPayPayやLINE Payが事業者の代わりに支払っているだけ で、QRコード決済が世の中に普及しきった頃には、カード決済系の スマホ決済と同様に決済手数料 が発生するようになりました。

スマホ決済は今後、急激に広まる!

しかし、政府がキャッシュレス化を推進しており、2019年10月に消費税が10%になるタイミングに合わせてキャッシュレス決済を行った方に 各入金方法を比較する際のポイント 5%のキャッシュバック を行い、各社が決済手数料を安くしたり、 無料にすることで、今まで現金決済しか行っていなかった事業者も、スマホ決済の導入を進めることになりました。

もし、スマホ決済をこれから導入するという会社があれば、使い方がとてもカンタンな、STORES決済をおススメします。 なぜならリアルからオンラインまで幅広い決済手段があり、さらに入金タイミングも早いため、小規模事業者には非常に使い勝手が良い端末 だからです。

振込手数料等

※同一建物内で営業している店舗間の振込手数料は「同一店舗宛」となります。
[対象店舗] ①本店営業部-福岡支店、②大橋駅前支店-大橋支店、③志免支店-志免西支店、④渡辺通支店-那の川支店、⑤長尾支店-堤支店、⑥小郡支店-三沢支店、⑦西新町支店-シーサイドももち出張所、⑧徳力支店-志徳出張所、⑨五条支店-都府楼出張所、⑩天神支店-天神北支店、⑪長住支店-屋形原支店、⑫和白支店-奈多出張所、⑬八幡駅前支店-八幡支店

選べるLINE FXの入金方法

■クイック入金
以下の対応銀行に口座をお持ちであれば、インターネット経由で簡単・スピーディに入金できます。
【対応銀行】三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、PayPay銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行
※ご利用には事前に各提携金融機関でのインターネットバンキングのご契約が必要です。
■銀行振り込み入金
すべての銀行(店頭・ATM・インターネットバンキング)から銀行振り込みで入金できます。
■LINE証券/LINE CFDからの振替入金
LINE証券/LINE CFD口座の残高から振替入金できます。
■LINE Pay入金
LINE Payの残高から入金できます。

【比較表】LINE FXでご利用可能な入金方法について

【操作方法】クイック入金

1) LINE FX Web版の「メニュー」から「入出金」をタップ
2) 「クイック入金」をタップ
3) 金額を入力した上で「金融機関サイトへ」をタップ
4) 各金融機関サイトでログイン後、画面の案内に従ってお手続きください。

※各金融機関サイトでのお手続き完了後、必ず「加盟店(ショップ)に戻る」ボタンをタップしてください。ボタンをタップしない場合、入金が即時に反映されません。なお、ボタン名は各金融機関サイトによって異なります(ボタンが無い場合もあります)。
※各金融期間サイトからLINE FXの画面に戻り、入金完了画面が表示されたら入金完了です。

【操作方法】銀行振り込み入金の操作方法

1) LINE FX Web版の「メニュー」から「入出金」をタップ
2) 「銀行振り込みで入金」をタップ
3) ご自身の銀行口座から、お客様専用の入金口座に銀行振り込みを実施

【操作方法】LINE証券/LINE CFDからの振替入金の操作方法

1) LINE FX Web版の「メニュー」から「入出金」をタップ
2) 「振替」をタップ
3) 振替元と振替先を選択後、金額を入力した上で「確認画面へ」をタップ
4) 確認した上で「振替を実行する」をタップ

【操作方法】LINE Pay入金の操作方法

1) LINE FX Web版の「メニュー」から「入出金」をタップ
2) 「LINE Payから入金」をタップ
3) 説明内容を確認した上で「入金する」をタップ
4) 画面の案内に従ってお手続きください。

入金に関するご注意事項

必ずご本人名義(LINE FXの口座と同じ名義)の口座からご入金ください。LINE FX口座と異なる名義の口座からはご入金いただけません。

各通貨ペアで取引を始めるために必要な
最低必要証拠金の目安

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会